自分でデザインする方法

一からデザインを考えてデータを送る

お店の運営をしたりイベントなどを開催するとき、ポリ袋を用意するときがあるかもしれません。無地のタイプを利用してもいいでしょうが、せっかくなら広告効果を得られるよう印刷をすると良いかもしれません。このときのデザインとしては、業者に任せる方法と自分でデザインをする方法があります。会社のロゴマークや特定の文字を入れたいのであれば、一から自分でデザインを考えると良いでしょう。業者が指定するデザインソフトなどで原稿を作成し、それを送ればそのデザインで印刷をしてもらえます。印刷をするときにはカラー指定などがあるので、一色の時や二色の時、それ以上の色を使うときなどに応じてデザインをする必要があります。自分でデザインをしても、業者からアドバイスをもらえたりもします。

テンプレートを利用してデザインをする

ポリ袋に印刷加工をしてもらうとき、既にデザインが決まっているならそれを送れば良いでしょう。しかし全く決まっていないときに一からデザインをするのは大変です。業者の中にはテンプレートを用意してくれている所があるので、それを使ってデザインしてみると良いでしょう。定番のデザインがいくつかあり、その中に文字を入れたり、簡単な図形などを組み合わせたりしてデザインをします。三角や四角などの簡単な図形を組み合わせるだけでも、世界に一つしかないオリジナルのデザインが作れます。その他サンプルを利用してそれを参考にして作る方法もあります。サンプルの文字部分のみを変更したり一部のみ変更するなどすれば、新たなデザインが作れるでしょう。

通販サイトでオリジナルポリ袋を作ることが流行しています。小口対応もOKで、形と色を選んで自分でデザインすることもできます。お店の宣伝に利用してみましょう。

© Copyright Original Poly Bag. All Rights Reserved.