自分でデザインするメリット・デメリット

自分のデザインだとニーズに応えやすい

ポリ袋は、幅広い用途に対応できるため非常に重宝される商品です。それ故、使用者のニーズに沿ったポリ袋を作成することは重要な課題となります。例えば、コンビニで使うようなポリ袋は、日常生活のちょっとした入れ物にはマッチするものの、ちょっとした贈り物やお届け物を入れるには似合わず、用途が限られてきます。かといって、派手なデザインにすると、パーティーシーンには生えますが、日常生活の中にはそぐわないこともあります。

以上の点から考えると、予め印刷されたポリ袋よりも用途に合わせた使用者のニーズを取り入れて、自分で作成したデザインのほうが、より明確な用途にあったポリ袋になるので、活用頻度も増えることが考えられます。

自分のデザインは生み出すまでの労力がかかる

言うまでもなく、何かを生み出すということは非常に手間がかかります。使用者のニーズに合わせるとなれば尚更です。その人の求めているものや、活用シーンまでも網羅して考えることは、そう簡単なことではありません。

更に、一つ一つの異なるデザインのデータを保存・管理することも、デザインを作れば作るほど困難な作業になってきます。多種多様な活用シーンに合わせたデザインは、唯一無二のものになるはず。同じものが作れない以上、データは減ることはありません。また、それに伴って、発注を受けてから印刷をするため、一度に大量の印刷ができず、その分時間も取られてしまう可能性があります。

以上の点を考えても、自分でデザインすることには、多少なりの労力がかかることは必然です。

オリジナルのポリ袋を作ることによって、お店の集客に貢献できます。素敵なロゴマークのポリ袋を作れば、お客様に好印象を与えます。

© Copyright Original Poly Bag. All Rights Reserved.