デザインから依頼するメリット・デメリット

出来上がりをイメージして作成することができる点がメリット

ポリ袋の印刷をデザインから依頼するメリットとしては、出来上がりをイメージしやすい点が大きいとされています。一般的にはポリ袋の大きさや素材、形などから依頼することが多いのですが、デザインから先に依頼しておくことで実際にどのようなものが出来上がるのか具体的なイメージを膨らませやすくなります。結果的にデザインに合うポリ袋の大きさや素材、形などデザインに合わせる形で作成することができるので初めてポリ袋に印刷するという人でも作りやすくなっている点もメリットです。 ほかにもデザインから決めておけばポリ袋の印刷や作成にかかる手間や時間を省くことができるため、スムーズに作成や印刷が可能となる点もメリットだとされています。

デザインを重視してしまいがちになるところがデメリット

またデメリットとして挙げられているのが、デザインによっては様々な制限を受けてしまいがちになる点です。デザインの大きさやサイズによっては利用できるポリ袋の大きさや素材が限定されてしまうことも少なくありませんし、どうしても印刷するまでの過程でデザインのことを重視してしまいやすい傾向にあります。結果としてイメージしているものとは違う作品になってしまう可能性もあるので、デザインから依頼する場合はデザインにばかり固執してしまわないように注意が必要です。 またイメージしたものと違うからとやり直しを検討した場合、イメージから依頼すると最初からやり直しになってしまう可能性もあります。そうなるとさらに手間や時間がかかってしまうため、やり直す時のことも考えてデザインを依頼することが大切です。

個人店舗でオリジナルな感じを出そうとしたら、商品を入れるビニール袋にも一工夫が必要です。現在では、ネットでビニール袋に印刷してくれる業者が多数あります。試してみてはいかがでしょうか。

© Copyright Original Poly Bag. All Rights Reserved.