印刷会社の選び方

自社工場を持っているのか確認しよう

オリジナルポリ袋を作ってもらうときには印刷会社に依頼をしますが、数多くのサービスがあるのでどこを利用していいのか迷ってしまいます。選び方のポイントは自社工場を有しているのかどうかです。印刷会社は自社の工場で印刷と生産を行っているところと仲介業をするブローカーがあります。前者の場合は企画やデザインから生産まで一貫して行っているので中間マージンが発生しないです。また自社一貫性なので打ち合わせもスムーズにできます。 印刷ブローカーは印刷会社から依頼を受けて生産をするので中間マージンがかかるのがネックです。スムーズにやり取りをしつつ料金も安いのが自社一貫性のサービスなので、コスト削減のためにも自社工場を完備するお店を使うといいでしょう。

スケジュール通りに依頼できるのかチェック

印刷会社は注文をしてから納品するまでの納期が決まっています。これは注文をしたときに決定するもので、注文時期により変動をするのが特徴です。いつまでに作って納品できますと約束をしたら、それをきっちり守ってくれないと意味がありません。当たり前のことですが、印刷会社を選ぶときには重要になる部分なので重視しましょう。印刷会社への問い合わせでもかなり多いのが納品についてなのでしっかり確認をしておくといいです。

こういう仕事をできるのか、いつまでにできるのか難しい要望でも最善を尽くしてくれる会社は信頼できます。質問をして明確な答えを提示してくれるところは信頼できるサービスです。はじめて利用をするサービスなら質問をして確認しておきましょう。

オリジナルのビニール袋とは店舗のロゴや名称、イベントのタイトルやキャラクターを印刷して作るビニール袋のことです。レジ袋として用いる他、キャンペーンのPRグッズを入れて配布する際などに利用されます。

© Copyright Original Poly Bag. All Rights Reserved.